人物 PR

andymori 解散理由は不仲だった?メンバーのその後の活動を調査

アンディモリ andymori 解散理由 メンバーのその後
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
スポンサーリンク

ロックバンド「andymori」(アンディモリ)彼らが作る音楽はとてもノスタルジックで唯一無二の存在でしたが、惜しまれつつも2014年に解散しました。

では、なぜandymori(アンディモリ)は解散してしまったのでしょうか。

解散後のメンバーの活動も気になりますね。

この記事でわかること
  • andymori(アンディモリ)の解散理由は?
  • andymori(アンディモリ)メンバー解散後の活動は?

今、TikTokで話題のandymoriの解散理由解散後の活動について調べてみたいと思います。

楽天ブックス
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

andymori(アンディモリ)の解散理由は不仲だったから?

グループが解散すると聞くと「不仲だったのかな」とまず思う人が大半ではないでしょうか。

andymoriの解散理由について調べてみたところ3つの理由があることが分かりました。

1つずつ詳しくご紹介します。

解散理由①andymoriとしてやりきったから

andymoriのボーカル小山田壮平さんは解散理由を以下のように発表しています。

「6年間、このバンドに情熱を注いできて、やれるだけのことをやりきったという気持ちなのです。andymoriはたくさんの人に愛してもらえた。幸せな時間でした」

音楽ナタリーより引用

andymoriというバンドですべてのことをやりつくした小山田さんは、andymoriをきれいなまま宝箱にしまい、蓋をして新しいことを始めようと決意されたのではないでしょうか。

「やり切った」と思えることはとても素晴らしいことですよね、なかなか言えることではありません。

解散理由②メンバーの健康問題や精神的な理由

ボーカルの小山田さんの健康問題や精神的な理由も少なからずあったのではないでしょうか。小山田さんは

  • 突発性難聴
  • 警察による事情聴取
  • 4.5mの高さから河川に飛び降り重症

など、健康的にも精神的にも不安定な状態の期間がありました。

アーティストはメンタルが敏感な方が多いようです。

特殊な音楽業界に長くいることで心も身体も疲れてしまい解散して解放されたいという気持ちがあったのかもしれませんね。

健康問題と精神的な不安定さもバンド活動の継続を困難にし、解散へと導いた要因だったと言えるでしょう。

スポンサーリンク

解散理由③音楽性の違い

これはよくある話ですが、メンバー間で「音楽性の違い」が出てきたからではないでしょうか。

ファンの間ではドラムが後藤大樹さんから岡山健二さんに変わったのをキッカケに初期の疾走感のあるロックでは無くなった。

andymoriの良さが無くなったと言われているようです。

また、andymori後期はフォークソングが多く小山田壮平さんの音楽性が変わったことも解散の一因なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

andymoriメンバー解散後の活動は?

andymoriのメンバーは2014年に解散後、どのような活動をされているのでしょうか。

メンバーそれぞれの今の活動を調べてみたところ

  • 小山田 壮平(ボーカル・ギター)
  • 藤原 寛(ベース)
  • 後藤 大樹(ドラム)

前期のandymoriのメンバー3人に長澤知之(ボーカル・ギター)さんが加わり、AL(アル)というバンドを結成しています。

ですが、2018年以降の活動はされていないようです。

小山田壮平さんは2024年5月現在、福岡市に在住しておりソロで勢力的に活動をしています。

長澤知之さんもソロ活動に力を入れているようで、配信シングルのリリースや2024年6月からツアーを行います。

ベースの藤原寛さんは銀杏BOYZのサポートメンバーとして活動されていますね。

後期メンバーの岡山健二さんはandymori解散後はclassicusを結成、ソロ活動と並行して、銀杏BOYZやmiida、横沢俊一郎などのサポート活動をしています。

ドラムの後藤大樹さんの現在の活動は不明です。もしかしたら音楽活動を辞めて、普通の生活をされているのかもしれませんね。

andymori 解散理由は不仲だった?メンバーのその後の活動を調査まとめ

この記事では、2014年に惜しまれながら解散したandymoriの解散理由やメンバーのその後の活動を調査してみました。

andymoriの解散理由は

  • andymoriとしてやりきったから
  • メンバーの健康問題や精神的な理由
  • 音楽性の違い

この3つが有力なのではないでしょうか。

2024年5月現在、TikTokではandymoriの「すごい速さ」がバズっているなど若い世代にもandymoriの良さが伝わってきたようです。

アップテンポの「すごい速さ」もいいですが、小山田荘平さんの甘い声と闇を感じる

  • 都会を走る猫
  • 16
  • 無までの30分
  • 投げKISSをあげるよ

などの名曲もたくさんあります。これを機にまたandymoriの楽曲がたくさん広まると嬉しいですね。

スポンサーリンク