雑記 PR

豆まきしないとどうなる?渡辺さんはしなくてもいい理由とは?

豆まきしないとどうなる 渡辺さん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
スポンサーリンク

節分といえば恵方巻きを食べたり、豆まきをする日というイメージですが、そもそも何のためにこのようなことを行っているのでしょうか。

節分に豆まきをしないとどうなるのでしょうか。

子どもの頃は行事としてやっていた豆まきも大人になってからは、豆まき後の掃除が大変なこともあり、豆まきはしないという方も多いですよね。

そして「渡辺さん」は豆まきをしなくていいという噂があるようです。なぜなのでしょうか。

この記事でわかること
  • 節分に豆まきをしないとどうなるのか?
  • 節分に行われる豆まきの歴史や意味
  • 渡辺さんが豆まきをしなくていい理由

詳しく調べてみましたよ!

節分に豆まきしないとどうなる?

結論から言うと

節分に豆まきをしなくても、何も悪いことが起きることはありません。

忙しい日々の中で豆を用意して節分の日に豆まきをする時間を取れなかったり、一人暮らしでやる気になれなかったりもしますよね。

豆まきをしなくても、特に不幸や悪いことが降りかかるということはないので安心してくださいね。

節分の豆まきは厄祓いのために行われ、翌年の無病息災、家内安全などを祈って行われていた風習です。

立春の前日の節分に豆まきを行うことで、邪気や魔物を追い払い、新年に幸運を呼び込むために古くから行われてきました。

豆まきの意味や歴史を知ると、やれるなら今年は豆まきをしようかなという気持ちになるかもしれません。

豆まきはいつから始まった?

豆まきの文化が日本に定着した明確な時期はわかっていませんが、江戸時代には節分の豆まきは文化として定着していたと言われています。

古代中国で行わていた追儺(ついな)という風習が日本に伝わったのは、飛鳥時代と言われています。

追儺は役人と貴族が鬼を追いかけまわす行事で、宮中行事として行われるようになりました。

昔は、病気や飢餓や災害などの厄は鬼の仕業と考えられていました。

飛鳥時代末期〜奈良時代に大流行した疫病を祓おうと宮中で追儺(ついな)が行われたのが、豆まきの始まりと言われています。

以降、平安時代には宮中で鬼祓いが盛んに行われ、各地に伝わっていったとされています。

豆まきの由来や意味は?

現在の節分は2月3日ですが、昔は季節の分かれ目を節分としていました。

春が1年の始まりと考えられていた昔は、節分は今の大晦日にあたる日でした。

新しい年が始まる前に、翌年の無病息災や家内安全を祈って行われていたと言われています。

昔からこのような季節の変わり目には、病気や災害などの予期せぬ出来事が起こりやすいと言われています。

そして、病気や災害などの不幸は鬼のせいだと考えられていました。

病気や災害を鬼に見立てて、豆をまくことで追い払うという儀式が始まりです。

穀物には神様が宿っており、邪気や魔物を祓う力があると言われ、中でも粒の大きな豆を使って追い払うという儀式が広まったものと言われています。

スポンサーリンク

渡辺さんが豆まきをしなくていいのはなぜ?

節分について調べていると、「渡辺さん」は豆まきをしなくていいという説もあります。

理由は、鬼が「渡辺さん」を恐れているからです。

平安時代に暴れていた鬼を退治した武将の一人が「渡辺綱」でした。

特に、鬼たちのボスを倒したのが渡辺綱だったので、鬼が渡辺という名の者には恐れて近づかなくなったとの言い伝えがあります。

そのため、「渡辺さん」は豆まきをして鬼を追い払う必要がないのです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

豆まきしないとどうなる?渡辺さんはしなくてもいい理由とは?まとめ

節分の豆まきは、1年の無病息災や家内安全などを願って行われる行事です。

立春の前日の節分に豆をまくことで鬼(病気や不測な出来事)を追い払うという意味が込められています。

しかし、節分の豆まきをしなくても何か不幸なことが起きたり、災いが降りかかるといったことが起こることはありません。

また、鬼を倒したことで武将の渡辺綱と同じ名前の「渡辺さん」は、鬼が恐れて近寄らないことから、豆まきをしなくていいとされています。

豆まきをしなくても悪いことが起きることはありませんが、今年はやってみようかなと思われた方は、1年の健康と幸せを願って豆まきを行うのも良いですね。

スポンサーリンク